2020年度給与改定(第1回)団体交渉

2020年度現業賃金・人事制度に関わる要求書を提出

2020年度の賃金確定交渉が幕を開けました。今回は、第1回の団体交渉ということで、第11回の中央委員会で確認された5課題31項目に及ぶ要求書を提出しました。昨年のマイナス勧告の原因を踏まえれば、特別区人事委員会に対して、引続き公民比較方法の見直しを働きかけることとあわせて、昨年の月例給のマイナスが影響しないように、引続き退職金に対する激変緩和措置を継続することを求めました。また、公務員の定年延長について、国会に法案が提出されることから、特別区の事情を踏まえた定年延長制度について、早期に協議の場を設置することを求めました。その他課題は山積していますが、秋の賃金確定闘争での諸要求実現に向け、春闘期から全組合員の総力を結集して闘い抜きましょう!

詳細へ

News 最新ニュース

過去記事一覧

ニュース 2020年03月11日

2020年度給与改定(第1回)団体交渉

ニュース 2020年02月05日

一人ひとりの思いを要求書に!

ニュース 2020年01月17日

2020年 新春団結旗開き

ニュース 2019年12月02日

第56年次 自治研集会を開催

ニュース 2019年11月15日

2019賃金確定闘争 第三波総決起集会